2021年9月30日まで滋賀県に緊急事態宣言発令中。紹介しているスポットに休業中や営業時間、定休日の変更がある可能性があります。

ポタリングで持ってて良かったグッズ4選

ポタリングで持ってて良かったグッズ4選

ポタリングをしていて困った!
でもこれがあって助かったと思ったグッズをご紹介します。

テールライト

大体の自転車に標準で付いていると思いますが、私がおススメするのはピカピカと点滅する後ろ側に付けるテールライトです。

ポタリングでは自動車に追い抜いてもらう場面が多いです。
自分の存在をドライバーに認識してもらうために点滅するライトがあったほうがいいと思います。

但し、点滅するタイプのテールライトを装着するには反射器材が付いていないと道路交通法違反になるので、注意してください。

「尾灯(リアライト)もしくは反射器材(リフレクター)をつけていないと道路交通法違反」になって、罰せられます!

※ちなみに、ライトの点滅はNG。ライトを点滅して使用する場合は、リフレクタ―の併用が必須。さらに、都道府県によって規則や施行細則が違います。あわせてお確かめください。

https://www.cateye.com/jp/enjoy_lights/safetylight.html

ワイヤーキー

自転車の鍵はどこに行くにも必須ですし、自転車本体に付いていることも多いと思います。
しかし、ダブルロックをおススメします。
シングルロックとダブルロックでは盗難に遭う確率はかなり違います。
実は一度ワイヤーロックをかけるのを忘れて自転車の盗難に遭ったことがあります。
警察から自分の自転車が放置されていると連絡をもらって自転車は戻ってきましたが、ダブルロックをしていなかったことを反省しました。
どこに行くにもまずは自転車本体の鍵、そしてワイヤーキーをかけることを習慣づけましょう。

ウインドブレーカー

自転車に乗っていると暑さを感じることも多いですが、風を受け寒さを感じることもあります。
また急な雨に降られることもあるので、ウインドブレーカーを常備することをお勧めします。

モバイルバッテリー

今はスマホで地図も見られますし、喉が渇けば自販機でキャッシュレス決済ができる便利な世の中です。
しかし、スマホがバッテリー切れだと途端に何もできなくなってしまいます。
モバイルバッテリーはどこに行くにも必需品となりました。
私も一度、ポタリング中にスマホのバッテリー切れで家族からの連絡を受けることができませんでした。
万が一の事故の時や自転車の故障などもあるかもしれません。ぜひモバイルバッテリーもバッグに入れておいてください。

グッズ・ツールカテゴリの最新記事